めぐろのブログ

うたぷりについて語りたいことがある

プリライ5thに行けた話をまだまだしよう

あー!拍手とか頂いてる!?身内の皆さんでしょうか、ありがとうございますすみません…
褒められて伸びるタイプです。世間に甘えて生きています。


では続き書きますね。


下野さん、髪型おしゃれでしたね。一時はどうなることかと危ぶまれた80年代アイドル時代(クイプリ)を経て進化。さすがレボリューション。
すべてを歌にっ!、タオル忘れたー!と思ってたんですけど(物販無理ゲーすぎ)タオル回す暇ないじゃん?下野さん以外。ていうかこの曲何分あるんです?なんか随分いろんなことしてくれましたよね!?遊園地みたいでしたね。下野アミューズメントパーク紘。その心意気が来栖翔。翔ちゃんはまた、みんなに笑顔を届けたい想いの強いアイドルだから、下野さんのチャレンジ精神うれしいでしょうね。3万人の笑顔。プリライ楽しいようううう!って思えるすごくいいアクトでした。演る方も観る方も全力全開。他のキャストにも事故だと思われた逆さ吊り終わりとか素晴らしかったですよね。ていうかほんと皆さんステージ見てるんですね?自分の出番以外。

GREEN AMBITION、黄緑きれいだったなー!
鳥海さんてなんか仏みたいで、妙な達観具合で、自分のキャラやキャラに向ける愛や思い入れをアピるわけでもなく飄々としてるんですけど、ちゃんとセシルちゃんの得意楽器フルートだって知ってたり、でもフルートが縦で吹くか横で吹くか知らなかったりする絶妙な距離感がすごく良くて、すっごく癒されますよね。ガツガツしてない穏やかな、でも確かな愛。理想の結婚生活みたいですね…。
セシルって何気にどえろいじゃないですか。だからこの曲もセクシーな印象だったんですけど、今歌詞見たら(今)全然えっちなこと言ってないね?びっくりしたー。なんなんだろう…とりうみさん効果なのかな…。
強くなると誓うから ワタシの名前を呼んで ってぐっときますよね。なんか、この健気さと一途さと掛け値なさみたいなものに感動すると同時に、その脇目振らなさがえっっっち…!と思うんですけど、でびうのセシルちゃんの満点恋人っぷりにめろめろだったんですけど、一周回って夢ではなく孫…。そろそろライブの感想じゃない件。
この、ワタシ〜の名前〜を呼〜んで〜♪の後「セシルー!」って言わない文化ですか?言いますよね?きよしー!的な(氷川)
次は象に乗るセシルが見れるといいね…

Code:T.V.Uも、わたしの席からは見えにくかったんですけど、照明きれいでしたね…perfumeみたい…。「そうだれにも〜♪」のれんたゃんがかわいいので大画面で見れてすっごいうれしい。
キャストの皆さんお忙しいのでそんなに集まれないと思うんですけど、何回くらい合わせて歌えるんでしょうね?自分のパートだけたくさん練習したって合わせたらあれ?とかありますよね。ハモるの難しいよね…カラオケで失敗してるから知ってるよね…それをよくも仕上げてくるなあと思います。素敵。

出たよ!(4thシネライのとき、隣の翔ちゃん担の若いプリンセスが言ってた。言い得て妙すぎて感動した。くっそわらった)でお馴染み宮野さんのご登場。
まさに出たよ!でした。待ってました感半端ない。見たかったし、見たかった以上のものを見れた。Secret Lover。
女王様みたいな一ノ瀬さん大好きなんです。曲が曲で歌詞が歌詞なので、張り切ってセクシーダンスを披露してくれると思ってはいても、椅子持ち出されるとは思わないし、ステッキ被せてくるとは思わないじゃないですか。ステッキの人他にいるのに。素晴らしいですねあの方。ショーというものを熟知している。perfumeのTake me,Take meでしたっけbutterflyでしたっけ(うろ覚えなのに言う)(またperfume)そんな騒ぎです。なんかもう正直、トキヤちゃんそんな子?!それ宮野さんだよね?!と思わなくもないんですけど、ていうか別に宮野さんでいいんですけど、パーフェクトトキヤ様なので、きっとこんななんでしょう。Why どうして?お前がな!とか思うけど。トキヤが歌ってるの見てもきっとそう思う。

静炎ブレイブハート。ブレイズ!ができてうれしいよううううう。鈴村さんの声質と歌い方と曲調がすごくあってますよね。バラードより好きです。
これすごくいい歌詞ですよね…!お前の夢が二人の夢に変わってたとかお前は俺のすべてとか永遠を誓うとか言ってた子が、お前がいるだけじゃなく自分の中に情熱の火があることに気づき、俺の夢とお前の夢は別ものだと分かり、いつか消え行くと知っていてもだからこそ夢を添えられるし夢を叶えようと思い、永遠なんてないから永遠を祈ろうと言うんですよ今や。ふ る え る …!
一瞬一瞬この命まばゆく光れ 歌を夢に変えて ですよ。ライブじゃん!永遠を夢見るだけじゃなく、今この瞬間こそを大事にしようという真斗の決意でプリンセスを煽っています鈴村さんが!もうほんと鈴村さんなんて(なんて)MCとか真斗の真似(真似)して喋っても全然真斗に似てないのに(似てない)(あれほんとおもしろいからずっとやっててほしい)、だから実際どこまでそんなおつもりかわかんないけど(まじわかんない)、でも真斗きっと喜んでる…!また故人を偲ぶみたいになっちゃうけど。
青い焔美しかったですね。初めて見た。ものすごくコーレスを楽しみながらも、やたらむねあつだった曲でした。

そしてORIGINAL RESONANCE…!
プリライ5thやるんだって、ってことはあれ聴けちゃうってこと?!それは行かないといけないのでは!と強く思ったのは、まずこの曲のせいだった気がします。歴史に残る名曲ですよね。この曲がどれだけむずかしいか、カラオケ玉砕プリンセスたちはわかりにわかってると思いますが、ほんと…早くもう1度聴かせて。静炎ブレイブハートの後半既にステージにピアノが用意されてて、ピアノを!弾いちゃう!!真斗が!!!…鈴村さんが??!!ってなったけど、ピアノ奏者の方来てくださいましたね。あげーりっしゅ出てくるかと思ったけど違った。素敵でしたね生ピアノ…!あの曲ほんとにイントロの1音目から余すところなく名曲で、それが生で演奏されるのってすごい。Goooseeeeee!!!!!
音源ではものすごいウィスパーな「ORIGINAL RESONANCE」が入りますが、この時2分割された画面に宮野さんと鈴村さんがそれぞれ映って「ORIGINAL RESONANCE」って言ってくれたんですけど、あの演出なんであそこでじわらせてくんのかわからない…!だんだんすごおも案件。だんだんドヤってくる案件。ただでさえ悪ノリしやすそうな2人だと言うのに。無事に歌い終えられてホッとした気持ちとかも乗ってたんでしょうか。でもあんな映し方されたらああするしかないよね。にも関わらず感動する歌のうまさでした。うまいよ。すごいよ。ありがとうね。歌うのって楽しい、一緒に歌えてうれしい、ファンの前で歌えて良かった、そういうのはほんと寒色の2人が思ってることだろうし、宮野さんと鈴村さんからもすごーく感じられて、うれしかったですね。

すごかったよ、マジレボ祭り。
ほんとにわかなのでマジレボ楽曲から音源集め始めたんですけど、新しい曲ってにわかが聞いても新しいとわかるっていうか、鮮度がいいっていうか、なんかそういうのありますよね?作る方も歌う方も成長してるってことなの?
来る、演るってわかってても本当に想像以上に演ってくれてうれしかったし、楽しかった。
見せ方が本当に素晴らしくて、パッションと愛とね、そんなかたまり。愛しい。

にせんぱすっごい忙しいね?やること多いね?コーレスできて本望だ。わっくーわっくーすーるぜーの振り、なんかそんなだっけ?みたいな出来でうけたのすごい覚えてる。

サンキュがまた感動的でねえ。ほんとうたプリと出会えて良かったよ。まじBrightness。わたしの名は含んでくれなくてもいいよそんなもったいない恐れ多い、でもお気持ちだけ頂くよ。これ、君の名を含めって、春ちゃんのことでもちろん全然いいんだ。でもライブで歌ってくれる時は、この「君」は複数形の「君」で、キャストもプリンスもプリンセスもスタッフも、っていう意識で歌われるんだろうなって、想像してても目の当たりにするとやっぱり募るものがありますね。
ST☆RISHの包容力たまに半端なくて宇宙。

GOLDEN STARの、終わっちゃう感半端なくてせつなくなりながらもみんないてうれしいよね。みんな並んでて、なんかモニター見るの惜しくて実物見てたんだけど(豆)、だから細かいことわからないんだけど、全員すごく、四方八方に愛をばら撒いてくれているのはよくわかった。どう見えてるんだろうね?ステージからは。アリーナの最前とかはかなり近いよね?ライブっていいよね…
リアタイってわりといっぱいいっぱいで、後から思い出したときの方が感情や思考の整理がついて、もう1度感動できたりするもんですけど、今まさにそんな感じで涙で目が霞みます(外出先)。

アンコールはやっぱりせんぱーで、こういう予定調和は良い。丁寧に会場の隅々まで見ようとしてくれるのが伝わるようなキャストの皆さんは、愛と輝きに溢れていて、今日ここに来れて、こんな景色を見られて、本当に本当に良かったなあと思いました。
なんかもうつまんないことしか言えないよ…もうわたしだめだよ…

もちろんMCもおもしろかったんですよ。再現できないから特には書かないけど。
けど…最後の1人ずつの挨拶は感動しましたね。
紀章さんあんななのに喋らせると年の功(年の功)でちゃんと喋れるとかかっこいいよね。次はお袖あるといいね。
このタイミングじゃなくてスタリ勢揃いでの自分の演目と今後やりたいことについてトークの時だと思うけど、みんなで順番に話すのを進行してたから後回しになっちゃった諏訪部さんが発言しそびれたままなのを、鈴村さんが「神宮寺がまだ」って言ったの(鈴村さんだよね?)すっげ萌えました(自由に行き来する時間軸)。
あとやっぱり森久保さんが、今回目指した完璧なものは見せられなかったけど、これはまさにエボリューションイヴだから、次はもっとすごいもの見せるよって…これ打ちながら泣いてますけど…おっしゃって…すべてを俯瞰で見て、ちゃんとひとの気持ちがわかって、その上でベストを尽くし続ける姿勢とか、俺が俺が感はないのに気づくとちゃんとみんなをまとめて引っ張ってる感じとかほんとまるで嶺二で…しれっと外車運転しながらしれっとマラカスマイクで歌ってたこなれ感とかも嶺二で…(急に思い出す)。アイキャントヘルプフォーリンラブトゥー嶺二。本気にならないように常に心掛けていても無理…恋に臆病なわたしを許して…
カルナイ組仲良しでやばいよね。蘭丸藍ちゃんごっことかやばいよね(急に思い出す)。
そしてね。諏訪部さんがね。「うちの子…(声を詰まらせて)可愛いでしょう?」「ほんっ とうに、可愛いんですよ」っておっしゃってね。
だめだどんなレン担もこの人の愛には勝てない、これは親の愛すぎる降参だ宇宙一だ、と思って、ほんとに…胸を打たれました。このお話を聴けて良かった。感動しすぎてその後の話覚えてない(だめ)。
これなんだと思います。愛だけがそこにある。
諏訪部さんが言葉にしてくれましたけど、みんなみんな、関わる方みんながそう思って、うたプリと向き合ってるんだなって。
キャストの皆さんにしたって、数あるお仕事のうちのひとつじゃないですか。だけど、うたプリに対する思い入れと愛と誇りと期待と、Joy&Funな感じは絶対にあって、それがこんなにも幸福感を生むのだと思います。
キャストの方々が口々に、今日来れなかった人も、と、来れなかった人のことまでちゃんとわかってて気遣ってて、なんて優しい世界なのかと思いました。チケット取れる取れないだけじゃなくて、行きたくても行けない人もいるもんね。

会場の外壁をぐるりと埋める、プリンセスたちが趣向を凝らしたお花の数々も素晴らしかったですね。満を持してのお祭り感。
グッズ博覧会みたいな痛バや、考え抜いた推しカラーの勝負服やネイルや、みんなが楽しみにしてて、みんなが楽しんだあのライブに、会場で観られる、というわたしに考えられる最高の形で参加できてとてもしあわせでした。

また行けるといいね。


読んでくださってありがとう!
最初の方とかまさかこんなに長くなること想定してなくて端折ったりしたし(途中で開き直って思いつくまま書いた)、自分で書いたの読んだら思い出したりしたこともあるから、また気が向いたらちょいちょい書き足すかもしれませんが。

終わりまーす。