めぐろのブログ

うたぷりについて語りたいことがある

Shining Dream Festaの素晴らしい衣装の話


シャイニングドリームフェスタ開催おめでとうございます!!
楽しみすぎて待ちきれません!!!
11日に行くんですけどね(この時点で明日)。

今回の何が良いかって、衣装ですよ。
こういう楽しみ方をうたプリがさせてくれるとは思っていなかったので、本当に本当に本当にうれしいし、興奮する。

長いよ。でも一気に行くよ。


ファッションが大好きです。ファッションの歴史と可能性と力が大好きだし、大切に思ってる。
ケイタマルヤマはわたしが若い頃、お金を貯めては買った大好きなブランドでした。ちょっと着なくなってたけどずっとチェックはしてて、でも今のわたしには甘いかな〜とか、もっとばばあになったら逆にまた似合うかなあとか思ってたら。らららら!!!
こんな素敵な再会があるでしょうか!!!!!
ようこそケイタ!ウェルカムトゥうたプリ☆ワールド!!!!!

っていうか敬太さんが引き受けてくれたことがうれしい。ほんとにうれしい。アーティストの衣装をずっとやってたり、パリコレにも出たりのビッグデザイナーが、彼のパーソナリティを思うに、うたプリとのお仕事をきっと楽しいと、何らかの可能性を見出して引き受けてくれたのであろうことが伝わってきて、発表になったときは本当に本当にうれしかった。
そして、ビジュアルが解禁になったときのあの感動は忘れない。筆舌に尽くし難い。書くけども。

まず、倉花カメラマンが素晴らしい。素材感まで描けるのも、あ、撮れるのも、服の成り立ちを撮れるのも、本当に素晴らしいと思いました。プロの方に失礼かもしれないけど、自分の絵柄や手法を変えずに描き切る、あ、撮り切る(もういい?)力って本当にすごいと思う。
そしてそしてそして。
丸山敬太様。
あなたは素晴らしい。
本当に本当に本当に本当にありがとうございます。
もう、もう一見してプリンスたちの資料を読み込んで、彼らのパーソナリティとこの企画を理解してデザインしてくれたことが伝わる。
プロだからどの仕事も全力なのは当たり前かもしれないけど、対2次元だからどうなるのかな、なんて、本当に失礼なことを思ってしまったことを謝りたい。
対2次元だからこそいつも以上に工夫したり入念に調査や準備をしたことがあったのかもしれない。プリライにまで足を運ばれたそうですね。うっ…泣ける。プロフェッショナル仕事の流儀。
シャニドルは、ケイタマルヤマに衣装を作ってもらえるようなビッグアイドルでした。
一流のデザイナーの手によって生まれた素晴らしい衣装で、更に輝くスターでした。shining dream。

衣装、として感心したのは藍ちゃんです。彼のあの髪色がネックになるどころかすべての相乗効果となって、うわーアニメーってかんじにならないギリギリのラインでアイドルの衣装として成り立っている。ものすごくエッジィなのに、ちゃんとメンズで、中性的なとか云々より10代の男子アイドルで、スターで、彼の成長と未来を見せられているようで、服だけでそれを語れることに改めてファッションの力を思い知りました。藍ちゃんが今までだったら着たことのない、すごくファッショナブルで攻めてる衣装なことが、敬太さんが藍ちゃんに感じた可能性と魅力の描写に他ならなくて、すごく感動しました。だってこれ、マイケルみたいじゃん。すごいかっこいい。イノセントな服を着なくてもイノセントであり続ける美風藍のすごさ。藍ちゃんかっこいいね。

それから聖川真斗。
聖川真斗。
聖川真斗………
を、見て、あの衣装を着せる丸山敬太。
天才か。
真斗が、モードでセクシーだと思ってくださったわけですよね。天才か。
匂い立つセクシーと、犯し難い気品の無理のない同居。風格。静寂と闇を従えて、故に己は発光するまでに美しく無垢であり続ける帝王の衣装。これはそう、彼にしか着こなせない。なぜかはプリンセスならわかると思うけど、お仕事で初めて彼を知ったデザイナーが、ここまで理解して作品にしていることが、本当にすごいことだと思う。
はあ…感動で胸がいっぱい。真斗のキャラ解釈すごすぎだよ敬太さん…。プリンセスか。

嶺二も。嶺二はスーパーアイドルだから、生き方がアイドルだから、何着てもアイドルだけど。肩の力が抜けてて、流行をちゃんと抑えてて、衣装じゃなくて私服みたいに着こなしてて、さすがの風格でめちゃくちゃかっこいい。嶺二がもう次のステージに行っちゃってる感じ、みんなのお兄さんとして一足先に彼の中には新しい風吹いちゃってる感じが、衣装で裏付けされてる。デイジーのコサージュがとってもいいですよね。これ、実物すごく凝った作りなんでしょ?まさに花を添えているのにプラスして、なんていうか嶺二の、そうありたい自分、花みたいに、人の固いところを綻ばせてくれるような存在、遊び心、みたいなものを表現してくれているようで、うれしかった。
チェック揃いの昼組の中でひとりストライプなところもすごくいい!誰にでも合わせられるけど、それは自分の中に筋が通ってるから、みたいな。チェックより単純にストライプ似合うからだけだろうけど。

カミュさまはおとぎ話の王子様で。美しい人が美しい服を着るすごさ。見た目に少女漫画的だし、夜組だし、すごく揺るぎないからこの完成度なんだろうね。
サッシュリボン性癖です。ナポレオンジャケットも、否定してもし切れない性癖。
ミリタリーでノーブルなので、カミュさまにとっても馴染み深い服だったと思うけれど、カミュさまの着こなし力で、なんだか知らないけどそこはかとないリゾート感、リラックス感が出ていて、ちゃんと夏の服なのがすごいし、倉花先生のこういうところほんとすごいと思う。空気感の演出。
中にフリンジ着せるとか、思いつかないよね?素敵〜。藍ちゃんと色違いなのがまたすごくいい。
ファッションショー見てると良くあるよね、同じデザインの色違いや素材違いが別のスタイルに何度も登場して、あ、今期の推しかあ、みたいな。コレクションラインからタウンユースできるのあれだなーみたいな。
そこにすごくリアルを感じて震えました。売ってくださいこのトップス。みんなでフリンジゆらゆらさせよう。

トキヤも。トキヤは、ほんと今まで着てきた衣装の集大成だよね。王子様極まれり。肩からモップ下げたり首から肩にロープ渡して来たのは、ここに行き着くためだったんだよ。歴代衣装大好きですけど。トキヤって顔が綺麗すぎて服似合わない典型だと思うんですけど、そういう人はどうすればいいかつったら、ひたすら衣装を極めることなんですよ。それ着るために生きてると思わせること。今回がそれを実現化。
星の王子様がすぎる。丹精でキラキラ。三日月の馬車から降りてくるんだよきっと…。
やっぱりトキヤはエースだから象徴的でなければならないと思うけど、それをするりとやってのける、語る、そんな衣装な訳ですよ。しかも、正統派すぎてつまんなくならないように靴がレオパードなんでしょ?SUKI。

翔ちゃんは、本人はもっと大人っぽいの着たかったかもしれないけど、違うんだ、いいんだ翔ちゃん、やり切るのって本当にかっこいいし、実はすごく革新的ですよねこの衣装。
だって、普通だったら翔ちゃんにこれ着せないもんね。メンバーカラーピンク、金髪碧眼美少女並の顔立ちで小柄、と来たときに一般的にイメージされるキャラと、男来栖翔のパーソナルの乖離にあって、わざわざハーフパンツでピンクのギンガムでボウタイとかベタなもの持ってこない。で、ここで翔ちゃんのキャラ理解してないんじゃないの?じゃなくて、いいですか、中身がいけめんすぎる彼なのでこれが着れちゃう訳ですよ!深い!!見てこの自信に満ちた翔ちゃんの顔!最高か。
着てるアイテム数が多くて夏には暑いんだけど、色柄や素材で夏らしくするのって、すごくかっこいいですよね、メンズファッションとして。
翔ちゃんハーフパンツだといいなって思ったらほんとにそうだったので、とてもうれしい。

セシルがまた素敵ですよね。セシルってやっぱり、アラビアンナイトの王子様だから。フォーマル感のある夜組の中でも特に正装みの強い衣装がとても高い品格を感じさせるんだけど、チャーミングでウォーミングでわがままかわいいところとか、そういうセシル特有の魅力、セクシーさがあるからこそ、お手をどうぞMy princessな王子様衣装を借り物にせず、正統派に留まらせず着れちゃう。ほんといちいちキャラ解釈すごい。
すごくヨーロピアンな衣装なのに、セシルが着るから中東の風を感じるってすごく素敵。
燕尾服みたいなシルエットだけど、これなんだろう?上に丈の短いジャケット着てるから、インナーの後ろ身頃の裾が長いの?
こういうところがおもしろいよね、すごくオーソドックスな王子様スタイルと思わせて、そのまんまでないところ。色味もすごくきれいだし。

音也を見たときの、だよね感すごかった。アイドルだから。センターだから。赤だから。これだよー!っていう。敬太さん50歳越えてるはずだからアイドルが輝かしかった時代を経験されてると思うんだけど、ほんと昭和のアイドルから続く、作られている、アイドル像、アイドルとはかくあるべきっていうイメージを汲み取りつつ今っぽくしてるのがもう、ほんと最高にセンター一十木音也ならでは。ならではなんだけど、このど直球アイドル衣装をよくぞ音也に、音也を選んで着せてくれたことに、深い尊敬と感謝を感じる訳ですよ。
ポーズ指定されたのか音也が自分からしたのか知らないけど絶対後者のこのポーズも倉花先生さすががすぎるし、もうきゅんきゅんする。身体鍛えすぎなのもいいよねもう。
ストリートっぽいんだけど、絶対着ないじゃん街中で、全身赤黒のブロックチェックとか。そういうリアルなんだけどちょっと過剰、みたいなのが楽しいし、それってアイドルの存在そのものでもあると思うんですよね。そして、それが音也だと思う。

ねえねえ、ウエスタンていうか、カントリースタイルを入れてくださったんですよ四ノ宮那月さんに。すごい演出じゃない?敬太さん。実家が牧場とか、動物と話せるとか、そういうところから着想を得たゆえのカントリー風味だと思うんですけど、パーソナリティをうまく表現しながら、ファニーを装ってるけど超絶美形でモデル顔負けのスタイルだからこそ着こなせる服を作るという。黄色いチェックとかすごいよね…!服が似合うなあ那月。このハッピー感がまたすごく四ノ宮那月なんだけど、パンツのサイドラインが赤だったりするところもケイタっぽいよね。敬太さんの服は幸福感があるし、ちょっとスパイスが隠れてる。そういうケイタマルヤマ節をプリンスの衣装でも感じられるのがすごくいい。

また袖がない!とか多くのプリンセスに言われたランちゃんだけど、まあいいんだ黒崎蘭丸は袖などなくても勝てる。
最初見たときヴィヴィアンみたいでうれしかった!更に進んで、すごくソフィスティケートされたというか、アイドライズ(自作造語)されたパンク。あのー、ロッカーからアイドルに転身を図り、悩みながらもアイドルとして生きようとする黒崎蘭丸の、俺の生き様、な訳ですよもう余すところなく。アイドルなんてと思ったことも、無理をしてアイドルでいようと思ったこともあっただろうけど、自分を否定することなく、更に、おれはおれしか超えられない悪くねぇだろ?このNew songそのものな衣装ですよね。ONLY ONEの歌詞を服にしたらこうなる、みたいな。敬太さんソロ曲も聴かれたりしたのかな…すごいね…。
ロングジャケットなのもいいよねー。白合わせてるのもいい。ブーツ、マーチンみたいだなと思ってたらほんとにマーチンだったんだってね!白のマーチン昔から憧れです…

そして。
語るよ?神宮寺レンについては。
ねえなに?敬太さんレン担なの?レンちゃんおっしゃ。すっごいおっしゃ。ほんとなんか…ありがとうございます。
プリンスみんな美形でスタイル良いのでモデルのお仕事もたくさん来ると思うけど、いちばんモデルの仕事多いのはレンちゃんだって思ってる。上で語ります。
なんでレンちゃんにモデルの仕事が多いかって言ったら、モデル体型美形もあれど、彼がファッションを好きだからだと思ってる。だから服が似合うし、服が良く見える。加えて彼は人から要求されていることを察する能力に長けていてですねっていうレン担の神宮寺語りは割愛しますが、そうは言ってもですね、あんまりにも公式に見せて頂いてる彼の私服がださ…えーとなんだ?あんまりあれだったりするもんだから、え?高いもの買えばいいと思ってるタイプ?モデルやってるからセンスいいって思っちゃってるタイプ?ファッション知識あるからおしゃれって思っちゃってるタイプ?とかいう不安も湧くわけじゃん。
でも!!!!今回で!!!!!その不安も払拭!解消!
プロのデザイナーが認めたファッショニスタはお前だ神宮寺レン!!!!!ヤッターーーーーーー!!!!!!!!
と思いました、このレンちゃんの衣装を見て。
いちばん、普通なの。普通の服。ここでデニム履いてくるの。エアマックス(だったみたいねやっぱり)履いてくるの。見た?素敵。
盛ったらどれだけでも盛れるタイプの男に、いちばんさらっとしたタウンユースなコーデを着せる。こなれ感てこのことだからね?おしゃれでセンス良くないとできないから。
セクシー担当(自称)(前の)に、露出も少なく装飾過多でもない服を着せることで、余計に香りたつように色気が出る。イタリア人かよ〜〜
でもこのオレンジのギンガムチェックがまた、イタリアファッションのあの美しい色出しを思わせるし、真夏にシャツネクタイジャケットで着込んで、色味と素材感で夏を演習する(翔ちゃんと一緒だよね、こういうチーム感の出し方もあるんだね)、この伊達男感。ブラヴォ。
レインボーカラーのベルトとサス(だよね?)もキュートだし、その上メンバー愛をも表現してるかのようですごくうれしい。緩くしてないネクタイはもう会えてるマークですしね(当社設定)。ネクタイのトラッドな柄と色合いもピリッと効いててカジュアルにさせすぎてないところもめっちゃ好き。そしてデイジーのコサージュ。レンちゃんの持つ、余裕と、遊び心。こういうところ実際嶺二と通ずるところあるじゃん?そのふたりに同じコサージュつけるところがもう神がかってる。丸山敬太様…!
レンちゃん、プリンセスたちに、レン様がデートにこの格好で来てくれたらどうしよう♡みたいに思わせる格好なんだよね。実際こんなんで来られたら目立ちすぎて引くけど、そこは音也と同じ、リアルに見せかけた大袈裟感でそれがかえって夢を生むんだよ…!ファッションてすごい…!
レンちゃんも自分で私服にこれ選ばないだろうけど、でも着た時すごくうれしかったと思うんだよね。パーソナリティに寄って行ったらもっとキザな服だったかもしれないのに(まあ最近のようじょのように愛らしい彼は自然とこの衣装似合って当然かもしれないけど、パブリックな彼は…ていうか本人はそのつもりは…)、それじゃつまんないよねって、たぶん敬太さんは遊んでくれたし、服が似合う子だなって思ったからこうしてくれたんだろうしね。そしてレンちゃん自身もプリンセスたちも彼の新しい魅力と可能性を知る訳ですよ。完璧。


ああ胸が熱い…!
丸山敬太さんに本当に心からお礼を言いたい。
この仕事を受けてくださったこと、こんなにも素敵なデザインをしてくださったこと。
プリンスに興味と愛を持ってくださったこと。
グッズもみんなみんな全部全部かわいいね。
初めて缶ばっぢ欲しいと思いました。
明日この衣装の実物を、オートクチュールを見れるなんて、ほんとしあわせで震えるよ。
見る前に書いときたくて書き殴ったから読み返すのも嫌だけど、読んでくださった方ありがとう!
単なる個人の感想ですからね。くれぐれもね。