めぐろのブログ

うたぷりについて語りたいことがある

丸山敬太さま謁見

ついったでご報告したとおり、丸山敬太さまにお会いすることができました。
出張丸山邸in新宿伊勢丹
伊勢丹の店頭に敬太さん自ら立たれる、接客をなさるという素晴らしい企画でした。
日程的に用事があったので、なんか他人事みたいに思っていたのですが…だって会えるとかあんまり現実味なくない?
前日におともだちの松さんていうひとが会いに行って素敵萌えレポをしてくれたので、あっ行けば会えるのか?!と気づき(気づき女子)、急にやる気になって用事の算段をつけて、ケイタマルヤマの服を引っ張り出してコーデ考えたらもう俄然行く気満々。
行くんだー!でへへー!みたいなことを呟いていたら、おともだちたちが前に書いたブログを読んでもらいなさいとすすめてくれました。
そんな馬鹿な…あんな乱文…しかもオタク口調…そして的外れな個人的見解…無理だろ…などと逡巡していたのですが、感動と感謝をお伝えしたいから行く訳で、実際お会いしてもそんなに喋れるかわからないし、読み返してもパッションだけはすごくて読み物として笑えなくもない気がしてきてしまい、敬太さんの器の大きさに甘えることにして、まあ用意して行ってもいいかな、と思い始めました。夜だったし。
土曜日だったのでうたプリ放映まであって(5話最高でした)、なんか興奮して寝られないすごく眠い!!みたいになりながら当日を迎えました。

銀座で用事があったのでついでに伊東屋さんでレターセットを購入し、ランチしながら言い訳みたいなお手紙を書いて、プリントアウトしたブログと一緒にまとめて準備完了。新宿へ向かいました。
ほんとはマーガレットの花束を差し上げたかったけど、なかったね…菊しかなかったね…惜しかったね…。
そして、時刻は13:40、14時からとおっしゃっていたのに売り場が視界に入るやいなや、いらっしゃるではないかすでに!!!!!!!
不意打ち。
でも、あまりにもいつも見慣れた写真通りのお姿で逆に緊張が退いた。ついでに丸山邸のはっぴを着ていらして、番頭さんイメージなんでしょうか。スタッフ皆様ご着用でした…。ので、妙に和やかなムードに応援されて、迷わず御前にむかいました。
「いらっしゃいませ」
神がわたしににこやかに話し掛けて下さいます(接客)。
「敬太さんにお会いしたくて参りました」
思わず普段のくせで名前呼びしてしまいました。
「あっ、ありがとうございます!」
やだちょっと照れるとかかわいい…微笑みながらすっとお顔を斜めに俯けられた。
「あの、実はうたプリの…」
「ああ!」合点のいったご様子。
「一連のお仕事が素晴らしくてぜひお礼を申し上げたく」
「はいはい、ありがとうございます、なんか昨日もそんな方がいらして」
「ともだちです(即答)」松さんごめん。
「ああなるほど!」めっちゃ笑う敬太さん。
「いやあ、でも本当に楽しかったですよ」
ここからもう気さくにお話をたくさんしてくださいました。
そろそろ記憶も飛びがちなので(昨日のこと)(Yesババア)ほとんど順不同になりますが、Twitterにて呟いたお話の内容を羅列しますね

本当に作り手の方(ブロッコリー)が、作品自体もだけど、彼ら(プリンス)のことを丁寧に大切に作ってるコンテンツだから
さいたまアリーナでライブを観た時は、かなりびっくりして、え?これはどう成り立ってるの?どういう解釈でみんな盛り上がってるのかなと思ったけど、やってるうちにだんだん楽しくなってきて、なんかわかってきて、ハマってきました。

え、推しは誰ですか?
(と、突然わたしに聞かれる敬太さん)(推しという言葉、概念が備わっている世界のケイタマルヤマ…)(わたしが言う前にその単語を出して来るケイタマルヤマ…)
(あ、じんぐうじ…って、言いかけたわたしが「くん」と言い終わる前に被せるように)
レン、レンくん、レン様ね
(と三段活用なさる敬太さん)(わたしがレンちゃんをなんて呼んでるかを探ってくださったゆえの迷いかとも思われますが、普段ご自分もそう呼んでるからじゃない?!と思って。じんぐうじってこっちが言ったら神宮寺くんねでいいじゃない?名前で呼んでるんだきっと神宮寺くんのこと、普段…絶対そうだ…普段ていうかだから少なくともあの期間はそうだったに違いないんだ…)(いやほんとに、じんぐうじ…って言ったらレンくんね、って返ってくるところとかリアル過ぎない?まじデザイナーとモデル。アイドル。お仕事一緒にしました感半端ない。蘇るシャニフェス映像の、神宮寺くん衣装をマネキンに着付けてる敬太さん…あそこだけ見るとほんものでしたもんね。3次元。とにかくけいたさんはわたしより全然神宮寺くんと知り合いなんだなと目の当たりにして、打ちのめされました。)(そうでなければ初対面オタク同士の会話すぎる)


ブロッコリーっていう会社は、良くも悪くも全部ご自分たちでやっていらして、代理店とか入らないでやってるからやっぱりあの熱意だし、すごくそれがいいと思う
ということをおっしゃったり

なんかすごい盛り上がって友達にわーっと説明してたら、向こうから、でもそれって結局じゃにーずにしても他のアイドルにしても、なんにも変わんないよね、むしろこっちの方がいいよね、って言われて、ドロドロしたりしてる部分見えないし、そうだよな〜って思って

とおっしゃったり


ミュージシャンの衣装や映画の衣装を作るのもやっぱり作品とかキャラクターから入るし、それならいつもやってることだからそこに2次元、2.5次元、3次元の違いはないなって思って、それで言ったらすごく長く続いてる大きなコンテンツで世界がしっかりしてるから楽しみながらやりました

とか

そう、お話頂いたときはまったく存じ上げなくて…
っておっしゃってました。
そりゃそうだよね。
よくぞ引き受けて下さった…

 

けいたさんがふつうに、本当に実在するものとしてプリンスたちを語ったり扱って下さるのがすごく嬉しかったです、とお伝えしたら、
あれはなんか自然とああなっちゃうし、でもあれは倉花先生がすごいんですよやっぱり、絵の力があるから、あの世界での表現が完璧だから、色彩にしても素材感にしても
そこができあがってるから、こちらもそうなって来る

とおっしゃっていました

あの会場で流れてたVTRすごかったです、とても良かった、欲しいです、と言ったら、あれねーそう言ってもらえると良かったけど、あれほとんど一発撮りで…でも語ってると、それはいつもの仕事と同じだから、自然と言葉が出てきました
とか


トキヤの靴、あれね、問い合わせも多かったんだけど(プリンセス猛者だな)、あれレディースしかなくて、たまたま俺用に1足メンズで作ってたのがあって、だからそれ使ったの!
これはみんなに伝えといて!
っておっしゃってました。
トキヤとけいたさん足のサイズが一緒…

みんな靴のサイズ血眼でしたよ、って言ったら、
ふふふ♡って…
訳知り顔すぎる
本物すぎる


特定班が当時必死でしたよ、とお伝えしたら、
そう、今回姉と一緒にやってたんですけど、姉がわりと情報に詳しくて、たぶん検索してたんだと思うんだけど(身内のエゴサ…)「あんたまたバレてるわよ!」って言ってた ww
って…

おねえさまの目に触れたのがいい情報だけだといいね…

でも、おねえさま、「うたプリのファンはみんな品がいい」っておっしゃってたそうですよ
天使なのでは?

あんなに写真撮っていいよって言ってるのにすごくお行儀がよくて、まだ行ってない人に配慮したりしてたでしょみんな、それである程度から今度は行けなかった人のために画像流したりとか、しかもグッズ代わりに買ってきますよ!とかそういうシステムあるんだー!とか、知らなかったことがいっぱいある

フォーレに行ったら、ポーチにストラップつけてバッグにしてる子が結構いて、それいい!!ってすごい思った、あれはいいな〜

ってけいたさんおっしゃってましたよ、創意工夫系プリンセスの皆さん

けいたさんのおかげで本当に楽しくて熱い夏でした、と言ったら、
ほんと今回盛りだくさんだったよね、僕も楽しかったけどでもあれ盛り込みすぎたってブロッコリーの人言ってたよ!大変そうだった〜www

ですって。
やっぱり大変だったんだね、ありがとうブロッコリー…本当にありがとう…

出張丸山邸のラインナップもすごく素敵だったんですよ
おみやげものめいたちょっと笑えちゃう小物も充実してて、とってもチャーミング。
お洋服たちが素敵なのはもちろんですけど。払えるかどうかは別として、高いと思わない服っていうか。素敵だからその価格。ほんとの意味でリーズナブル。

敬太さんがチョイスされた古い和食器をほんの少しだけ買わせて頂いたのですが、敬太さん、「あ〜、お嫁に行っちゃう〜」っておっしゃるの。
お皿一枚にでもその愛情だし、自分のチョイスに自信があるのもわかる。

だからこそ!!あの仕事!!あのシャイニングドリームフェスタですよ!!!!!
チョイスにチョイスを、ジャッジにジャッジを、愛に愛を重ねてできたのがあのコレクションですよ。デザイン、生地、スタイリング。
感動しました。

そう、たくさんお話してくださったのに、わたしったらグラフィックアートワークのこと聞きそびれてしまい…馬鹿…
CDジャケットのデザインとか、あの封入されてたヴィジュアルのアートフラワーの話とか聞きたかっ…た……(ダイイングメッセージ)

むかーしから好きだったブランドのデザイナーさまと、まさかうたプリがきっかけでお話できるようになるなんて思わなかったよね…
ありがとうございます。

とにかく、今後も毎シーズンケイタマルヤマをチェックするし、隙あらば買いますほんとに…
まずはブルゾンとパーカのコーデを楽しんでからね。