めぐろのブログ

うたぷりについて語りたいことがある

プリンスとファッション考察:嶺二と服の話

寿嶺二。人生の大半を芸能界で生きている男。つまり買い物の仕方も業界人のそれである。買い物の方法は主に3つ。1、スタイリストさん選出の衣装から買い取る。2、店の閉店後や休業日に貸切状態で買い物。3、シーズンに先駆けた展示受注会にて予約購入。
-完ー

というところなんですが、まあ同僚や後輩とちらっと、とか、空き時間にふらっと、とかそういうこともやってますね。暇なより出ていたいタイプだもんね。
お店に自分で買いに行くならたぶん、古着屋、Tシャツ探しの旅。Tシャツは年代物のロゴとかプリントがかわいいやつが好き。キャラものも好き。あと海外ロケに行っても買う。変なTシャツ買うのも好き。イチローのTシャツ楽しみにしてる。すごく参考になるから。
嶺二自身はそんなにものすごく流行を追ってる訳では無いし、ものすごくファッションにこだわりや興味があるわけではないんだけど、雑誌は見てるし(空き時間、同業者の活動チェックを兼ねてる)器用だから空気で流行りを理解してるタイプだし、店頭に並んでるもの、これから並ぶものが今流行ってるものだってわかってるから、この買い物の仕方をしてる限り外さない。
ブランド、というか買い物する店は決まってて、なんと言ってもユナイテッドアローズ。上の方の人と友達だから。ハリウッドランチマーケット。古くからの知り合いがいるから。そしてここ数年はロンハーマン。サーフィン始めたから。お店貸切の時とかは、スケジュールが合えば後輩たちを連れて行ってくれます。
清潔感があること、こなれ感があること、奇抜すぎないこと。それが着こなしと服選びのポイント。あの車に乗ってるくらいだから古き良き時代への理解があって、ジーンズとかわりと昔ながらの定番も穿いてる。リーバイスラングラー、リー。靴もわりと老舗ブランドに興味があり、オールデンで買ったりしちゃう(靴のサイズは25か、25.5)。バーバリーのトレンチも持ってるし。あとボーダーTシャツはセントジェームズ。定番は知っていて、必要だと思うと買う。スタンダードは便利。
服より小物が高いタイプではある。時計とかね。こわ。オメガ、ローレをひとつずつ。ブルガリはなんかチャラいかなと思って手を出していない。癖に、カルティエのパシャは結構若いときに頑張って買った。そういうとこある〜
あ!CA4LA!行ってるよね!!帽子コラボしてる、絶対。グレースハットも好きだよね。自前の帽子で収録とか撮影してる。翔ちゃんと情報交換してる。お互いのモデル交換したりしてる。萌える。