めぐろのブログ

うたぷりについて語りたいことがある

プリンスとファッション考察:藍ちゃんと服の話

藍ちゃん。藍ちゃんかわいい。藍ちゃんの喋り方ってやばくないですか?すごく品がいい〜すき〜かわいい〜
藍ちゃんと服の話です。
藍ちゃんはだって、データに基づいて服を着てるんですよ。ちょっとミステリアスで未来的で透明感のあるアイドルの、ボク。を、演出。したのがあの公式衣装だと思うと萌えるううううう。え、今さら藍ちゃんロボの件ネタばれとか言う人いませんよね大丈夫ですよね。
でも藍ちゃんはシンプルなものが好きだと思う。クリーンな色を選ぶのは趣味なのかそうインプットされているのか髪色と肌色から似合うという判断なのか。
判断、という部分がとても大きい気がしますね。うわあ…なんか未だかつてなくすごくキャラ解釈に迫るファッションの話な気がする…。今まで書いてたひとたちのはなんだったのか。手癖かよ。そうです。
藍ちゃんはデータ量だったらいくらでも増やせるじゃないですか。翔ちゃんやレンちゃんに負けるわけない。でもそこで、藍ちゃんが何を選ぶか、ということがもう…すごい…萌える…。で、何を選ぶかというとですね。
正直、ユニクロと無印じゃないかと思うんだ…。でも彼はとても頭がいいので、まあそれはアイドルとしては味気ないかもね、と思うと思うんだ。それで彼が選んだのはね、A.P.CとMILKBOY。の、いいとこ取り。A.P.Cの作業着っぽくないものと、MILKBOYのパンク色薄め、キャラもの薄め、のコラボレーション。
スポンサーのことまでを考える賢い彼なので、露骨に「ここのです!」とわかるものは避ける気がしませんか?なので、セレクトショップ系もいいですね。特にSHIPS。ベーシックなんだけど、ちょっとだけデザイン性の高いものが紛れ込んでるセレクト。誰これ?みたいなデザイナーものとかあるでしょ。ああいうの。セレクトショップ系の、ちょっとこなれ感とか抜け感とかを表現するのにサーフ系のテイストを取り入れたチョイスってありますけど、あれに対してはなんで?と思ってそう。砕けた雰囲気より、少し制服的なきちんと感があるものを選びますよね藍ちゃん。スクールボーイ風な。そこがとってもいい…。見た瞬間価格帯までわかっちゃう服を着ないっていうのはアイドルとしてとても良いことだと思います。
そう、彼にとってファッションはカミュ様同様、仕事に必要な自己演出の手段に過ぎないので、主観と客観のバランスがかなり客観寄りなんですよね。でもたぶんそれは主観と近くもあって、そうしてみんなのアイドル、美風藍が出来上がっているということに本当に萌えを覚えます。
さあそして、ここで登場するのが藍ちゃんのかわいい後輩、来栖翔くんです。
翔ちゃん張り切ると思いません?藍ちゃんが、「ショウはファッションに詳しいよね。今はそういう服が流行してるの?」なんて言おうものなら、「俺が選んでやるよ!一緒に買い物行こうぜ!」と言ってくれるわけです。翔ちゃんの良いところは、流行云々より、似合うブランド、手持ちの服と合わせやすいブランドを紹介してくれるところだと思います。スタイリストとして優秀。そこで新たに美風藍ワードローブに加わったブランドは、ZUCCa。Ne-net。FRAPBOIS。などの、あっち系の、そのブランドの中では普通の形の服を選ぶ、というもの。FRAPBOISの今期出てたミントカラーのフードつきロングブルゾン、藍ちゃんの髪色にぴったり…でもぴったりすぎて派手なので購入は見送った模様。ベーシック、オーソドックスな形でライトな色彩のアイテムに、少し遊びのあるデザインをプラスするスタイルがめきめきと確立されていく来栖塾。生徒の飲み込みが異様に早い。
そしてもうひとつの藍ちゃんにとっての転機は、シャイニングフェスターー丸山敬太氏との出会いだった、訳ですね。
あの、パステル系でまとめずガンガンに攻めたスタイリング。自分に赤やブルーのコントラストをスタイリングされることなんてなかったし、GIVENCHYの靴を履かせる人もいなかった。美風藍、開眼の瞬間である。なのでまず、GIVENCHYに行く美風藍 with 神宮寺レン。あのシャニフェスのシューズは買い取ったので、それに合うブルゾンを。スキニーを。急にパンチの効いたスタイリングで現場に来る藍ちゃんに、ランマルとレイジびっくり。カミュ様は、「似合っている」と褒めてくれます。でも、お兄ちゃんたちにいじられたので、繊細な少年の心は照れてしまってあんまり着てきてくれません。かわいい。
藍ちゃんはこれからののびしろがたくさんあって、本人が定めている以上に似合う服のテイストもたくさんあるから、「興味深いね」からの快進撃が期待できますね。
ああっ?! MARC JACOBS忘れましたね…すみません…着てますよね…すみません…