めぐろのブログ

うたぷりについて語りたいことがある

神宮寺レンソロアルバムジャケ写感想文

ごめんほんと何もおもしろいことなんて言えない(いつも言えてない)。

分析も何も無い、わたしが今から書くこと全部、もう誰かがついったーで言っちゃったと思う。

でも、だから、自分のために書きますね。

他のプリンスのを読んでまた読んでくれてるひと、これいちばんつまらないと思うから読まなくていいですよ。

 


あのね。

 


なんて顔をするの、と思った。

 


服を着てないとかそれよりも、顔。

 


なんで、そんな。

 


今まで見た中でいちばん、探るような。試すような。

挑むような。突きつけるような。

自信の、なさそうな。

それなのに、そして、無垢な。

 


この人が脱いだのは服じゃなくて、心なんだとわかった。

 


電車の中で嗚咽を噛み殺して泣いたこと、きっとずっと忘れないと思う。

手が震える。今も。

 


ジャケ写予想したじゃないですか。

もう、全裸って言ってた。

白いシャツ着てたらどうしよう、すごい着込んでて欲しい、それか全裸。

って。

 


全裸か、すごく着てるかの二極化なのがレンらしいなと思ってた。

でもきっとすごく着てると思う、倉花先生レン盛るの好きだからって言ってた。

 


違うの。

脱ぎたがったのはレンなんだ。

倉花先生がどんなレンを撮りたかったかじゃない。

馬鹿だなーと思います、過去のわたし。

 


白いシャツが嫌だって言ったのは、わたしに、そんな無防備で飾らないレンを見る勇気がなかったから。

 


それよりも全裸の方がいいと思ってたのは、レンは裸族だからだよ。

寝るときは裸で、制服さえ着崩して胸を肌蹴て。緩くしたネクタイはいつも会いたいマークで。

レンにはヌードのイメージがあって、だからそれは今更別に、レンらしいねって笑える要素だった。

 


だって、全然こんなさ。

こんな、本物の裸だなんて思わなかった。

 


本当の裸の神宮寺レンなんて、今まで誰も見たこと無かったじゃん。

レンも、見せたことなかったんだから当たり前だけど。

だけど、それを見せられるなんて思わなかった。

こんな、服だけじゃなくて、だって、フレグランスさえ纏わないような、本物の裸で来るなんて思わないじゃん。

そんな裸があるなんて、思わなかったよ。知らなかった。

 

 

 

何を着たら自分の見せたい世界を表現できるか。

今までの軌跡とこれからを想起させられるか。

たくさん、たくさん考えたと思う。

みんなそう。

どのメンバもそう。

 


だけどレンは、そこで、服はいらないって思った。

 


たぶんこの人は、今いちばん、人生でいちばん、本気なんだ。

 


本気で、これがオレだよ。って。

本気で、オレを見てよって。

 

そう思ったときに、

あのさ、レンてさ、神宮寺レンて、本気のときは何もいらなくなっちゃうんだよ。

何もいらない、愛だけでいい。

そういう人なんだよ。


なんでそこまでできるの。したの。

そんなに強くなったの?

まだこんなに不安な顔、してるのに。

 


受け入れてくれる?って思ってるんでしょまだ。だからそんな顔なんでしょ。

何もないのにぜんぶあるみたいな顔。

 


着飾ってないと本音バレちゃう

って歌ってた神宮寺レンが、

脱がさないでこれ以上見せられない

って歌ってた神宮寺レンが、

裸になりましょうGive me true love

と歌ったときも、驚いたんだった。

 


そもそも、何を歌うのかなって思ったの。

Give me true loveで人生を振り返ってしまって、真実の愛を得たいともう歌ってしまったから。

ソロアルバムが出ます、今までのソロ曲全部と新曲ですって言ったときに、まだ歌いたいことある?って思った。

 


そしたら。

 


恋から愛へ……そして未来に

だって。

恋、は入ると思ったの、タイトルに。お名前シリーズとして。

恋が入るなら、もう対象不明に甘い甘いアイドルラブソングもいいなって思った。

とんでもなかった。

愛と未来を見据えていた。

めっちゃくちゃ、本気の、本物のやつだった。

 


それを、裸で示すということ。

裸にならないと示せなかったんだろうな。

そう思ったんだろうな。

 


言うてもアイドルですよ。

着飾ってないと本音バレちゃう以前に着飾るお仕事ですよ。

ライブでさ、ウルトラブラスト、荒い息を押し殺して、キメにキメて「レン様」の顔してた。

みんなが見たい神宮寺レン、自分が見せたい神宮寺レン、その集大成みたいな顔して。

あれが、プロのアイドルの仕事。

だとしたら、ここでこんなに裸になってるのは、誰なんだろうと思う。

思うけど、違うんだよ。

これが、神宮寺レンなんだなと思う。

 


何者でもないような顔して。

 


でもそれが、オレ自身だって言うんでしょう?

 


何も着ないで、髪さえ乱して。

笑わないで、魅せるためのポーズも取らないで。

 


わたしが思ってたレンのヌードはちがうよ。

裸のマハみたいに、見ている人を意識した、もしくはアポロンの創造みたいに、見ている人のためのポーズなのにそうじゃない風を装ったような。そういうのだと思ってたんだよ。

 


身体は作ったかもしれない、撮影に向けて。

だけど、自分のアイドルタレントを誇示するでもなく。

ただ、そこにいるみたいな。

 


そんなに見せてくれちゃうの?

もう、そんなに見せていいの。

 


こんなに委ねてくれていいの?

どう思う?って言うんでしょ。

これがオレだよ、こんなオレでいい?って。

春歌ちゃんにだけにしなよそんなこと言うの。

やー。やだな。春歌ちゃんのこと知ってる自分が嫌になるくらい、このジャケットの情報だけでいいな。メタだよメタ。

神宮寺レンがどんな人のこと好きかなんて知らない。知らないでいい。

 


なんかたぶん、このやたらと大写しなのもね、そばにいたいから、って言うんでしょう?知ってるんですからね。

近くに行きたい、そばにいたい、って意味なんでしょ?

 


ああそうだ、着飾ってないと本音バレちゃうと言っていた神宮寺レンは、裸になりましょうGive me true loveと歌うまでに成長したわけなんだけど、瞳を閉じてごらんオレは側にいるよって歌ってた神宮寺レンと同じ人ではあるの。

笑ってなくてもポーズ取ってなくても服着てなくても、レンがファンの存在を無視することはないの。

オレンジラプソディはそのままに。

だってこの、燃えるようなオレンジ。きれいだね。

 


マジLOVEキングダムの最初の18人MCで、キミが愛と夢を教えてくれた代わりにね(お礼にねだっけ?)って言うじゃないですかあの人。あれ、リップサービスでもなんでもないんだなって、見るたびにどんどん思う。最初は、またまたレン様〜くらいに思ってた気がする。違うの。この人、本気なの。本気で、我々に、ありがとうって思ってるの。何にもしてないのにこちとら。

 


もうさ。

何言っていいのかわからない。

 


ありがとう、だけど、そうに違いないけど、それはもう、生まれてきてくれてありがとう、だよ。言葉が足りなくてもどかしい。

こんなかっこいいひと、見たことない。

こんなきれいなひと、見たことないよ。

 


Rose Rose Romanceがどんな曲かまだわからないけど、ね、そう、ロマンティストなくせに。

ロマンティックで華やかなこと、大好きなのに。

こんな、リアルも、全部見せてくれる。

何もいらないって。

裸でいいって。何も作らず、気負わず、ただありのままで、そばにいるよって。

 


もう。

 


とにかくこの人が提示してくれるものを、一雫も一欠片も何もかも残さずに全部受け止めたい。

 


はい、わかりました。

しかないよ、こんなの。

これがオレだよ、はいわかりました。なんだそれ。でもそれしかないよ。

 


違う間違えた。

なんて言っていいかわからないじゃない、言うことひとつしかない。大好き。

大好き。

大好き。

大好き。

神宮寺レン、世界でいちばんかっこいい。

 

レン自身がこのアルバムジャケットを見て、

いいね

って思ったんだろうな

という事実に

為す術もなく涙を流すだけです。