めぐろのブログ

うたぷりについて語りたいことがある

Rose Rose Romance を聞いて思ったこと

恋から愛へ…そして未来に

が あまりにも神宮寺レンの素の部分に寄りすぎていて、そこから一気にアイドル神宮寺レンの真骨頂にして最先端を見せに来たのがもう鮮やかすぎて

この振り幅もサービス精神も徹底したエンターテインメントぶりも全部全部神宮寺レンすぎて

溺れる。

 


特に、ファンと近くあろうとするその精神。

 


ありがとう。

 


あんなこと言っちゃったけどオレが夢中なのはもちろんキミさ。

って、突然もう全力で言ってくる。

 


やーもうこれ、どんだけ踊っちゃうの?

もうさ、すんごいかっこいいんでしょ。知ってるんだから。

何もう、またダンサー従えちゃってね。

ダンサーチームみんな男だよ。チームレン。そりゃもう可愛がるからみんなレンが大好き。男とも仲良くなれて良かったねレン。

 


とにかく。

レン優しいなあ。

これは、どんなファンも大歓迎!

っていう曲だよ。

 


ファンが自分のどんなところが好きかわかってるし、それがね、自分が、神宮寺レン自身が見せたいアイドル神宮寺レンの姿と完全一致してるところが、自惚れでもなんでもなく、神宮寺レンとファンは相思相愛なんだよ。

 


この新曲二曲の神憑り的なコンボ、すごい。

天才。

これ以上ないよ。

 


恋から愛へと育て、未来に繋いで行くよと歌った後に、これがオレが考える最新最強の神宮寺レンだよ!って示してくれてる。

 


光。

あなたは生きる希望。

 


それはフェイクじゃない。取り繕ったものでは無い。

 


ワンコーラス冒頭の歌詞も、聞き手に言ってるようで自分に言ってる。もっといけるよって自分にも言ってる。

ツーコーラスめなんてほんと、ね。

めっちゃ自分にブーメランなのに。

 


誠実なんですよね。チャラく見せつつ。

軽やかに熱くて真摯。

真面目に頑張ることを茶化すような一面もあるのに、それはさ、真面目に頑張ることをもっと余裕持ってなんでもない顔してやりたいからじゃん。

スマートさ、エレガントさをいつも忘れない彼が好き。

でも別に泥臭いものを馬鹿にしていなくて、昇華させてもっと洗練させて出したいって思ってるだけ。

泥臭いものを泥臭い状態で見るのは自分だけでよくて、人に見せるときにはちゃんと鑑賞に耐えるものにしたいと思ってるだけ。

 


もうさあ。この、伊達男。

かっこよすぎて泣ける。

美学。

 


嫉妬心も遠慮も同意だって言ってるところがすごくいいな。

できる人を羨んだり自分なんてと卑下するのは結局嫉妬じゃないの?って。

なるほど納得ですよ。聡明。

楽観は意志だからね。

ほんとこういうところ、大好き。

明るくあろうとするところ、尊敬する。

 


ふんだんに取り入れられた言葉遊びも、別にがんばることって必死なだけじゃないでしょ、楽しめるでしょって言ってるみたい。

 


あのビジュアルでセンスで身のこなしで才能で、だから歌えるんだよ。神宮寺レンだから。

レンより歌上手くてもダンス上手くてもだめ。

これは神宮寺レンにしか歌えない曲なの。

そういう曲を作って聞かせてくれるだけで、ほんと、彼は唯一無二のスーパーアイドル。

神宮寺レン部門第1位。

 


ファンに、あー、fanの語源てfanaticでしょ?熱狂するのに早いも遅いも見た目も服装も関係なくない?って。

いつでもフルコースをご堪能いただけますと。

みんな愛しいオレのお姫様だよって。

うおお…。甲斐性持ち…。

 


ちゃんとみんな好きだよありがとう楽しんでね

って言ってくれるんだな。

すごいな。

アイドルとして、ほんと、こんなにオープンに愛してくれるの、アイドルの天才だよ。

 


最後の恋ってさ。

もう、そうだよ。

神宮寺レンのファンはさ、一生神宮寺レンが好きだもん。

わたしは死ぬ間際までこの歌で泣くだろうなと思うよ。

それだけのものをたくさん、たくさん、レンはくれる。

 


タイトルチューンなだけあるなと。

この曲のジャケ写があのヌードのレンだと思うと、ほんと、なんだろこれ、胸がさ、苦しい。胃かな。とにかく、内臓絞られるくらいの壮絶な愛しさ。

ギラギラのステージ衣装もきっとかっこいいけど、飾らないで生まれたままで、言うの、レンは。

今日から死ぬまでって。

 


まじ。死ぬまで。です。

 


もし、わたしがこの曲をライブで聴ける地球に生まれているならね、恋から愛へもそりゃあ嗚咽するほど泣くと思う。

でも、RoseRoseRomance、腰抜けて立てないんじゃないかなと思う。泣きすぎて立てなくなると思う。かっこよさに殺されて。感情が溢れ出して泣くしかなくて立てないと思う。今ちょっと想像してもすぐぶわって涙出る。

そういう曲だよ。

 


圧倒的、神宮寺レン。

 


やーもうほんとに。

何回でも言うけど、過去を全部語っちゃってからのこの曲。

これがすごい。

どんなに意味があることかと。

やっぱり神宮寺レンは聡明だよ。

これをやりたい、という自我と、客観的なセルフプロデュース能力の両方を上手く昇華できる。

ええええんかっこいいよう……。泣けるくらい大好きなんだ……。いつもだけどサンキュ…

いつもどころじゃなくサンキュ……。

 


これって、決意表明だよ。

こうやって生きていくよって。

その鮮やかさと艶やかさと、誠実さにほんとうに好きが追いつかない。

 


ほんとうにこれからも神宮寺レンが、彼が思い描くようにそのときそのときで最高で最強の神宮寺レンを見せてくれるんだなと確信を持てる一曲。

 


このひとなんでこんなにかっこいいんだろう。

 


神宮寺レンに出会えてほんとうにうれしいなって毎日思う。